YABUへびぃ YABU・カヴァー曲

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【若かりし頃】 

学生の頃の音源です。

もちろん、今は弾けません。^^;

小フーガ/SYMPHONY

スポンサーサイト

LONG LONG TIME AGO 

4月に入り仕事もぼちぼち落ち着いてはいたが、ブログを更新する気にもならない。
ギターを弾く気にもならない…

そうこうしているうちに一か月が過ぎた。

これではいけないと思い、ギターケースも開けないまま、LIVEの予定を入れた。

5月5日(土)『J-LIVE』

〈J's BAR〉中区薬研堀1-7 広島第1ビル1F

1,500円(2ドリンク付き)
{フード持ち込みOK}

①15:00~穂刈末人
②15:30~おたみ&りゅう
③16:00~YABU
④16:30~宗冬
⑤17:00~two up neo
⑥17:30~BANDA GIU
⑦18:00~503
⑧18:30~M I
⑨19:00~山田英博
⑩19:30~香取優希Sweet NY


何とかコレを音楽活動再開のキッカケにしたい。





LONG LONG TIME AGO/長渕 剛

悲しみだけを 残したままで
君は歩きはじめた
僕はそれを追いかけようとして
愛は遠ざかってった

 昔のままの君と僕に
 今すぐ戻れるならいいね
 だけど愛はとまどいながら
 苦しみを残し 今の君には
 Too Long Long Time Ago…

眠れない日々をいやす場所など
もう この世にはない
あんなに美しい振り出しに
いつか たどり着きたい

 昔のままの君と僕に
 今すぐ戻れるならいいね
 だけど愛はとまどいながら
 苦しみを残し 今の君には
 Too Long Long Time Ago…

 だけど愛はとまどいながら
 苦しみを残し 今の君には
 Too Long Long Time Ago…




昨年暮れごろから、ほとんどのステージで演奏している。

おたぶでは、毎年課題曲なるものを発表していたが、この曲は言わば「YABUの課題曲」だろうか…。

1・6弦Dの変則チューニング、イントロでギターの音をガンガン出せるので、やや緊張気味な1曲目にもってこいだ。

オリジナル音源はギター2本のところ、1本アレンジにまとめてみた。

安定志向 

昨日、姪の結婚式以来久々にネクタイを締めた。
しかも、年に1度か2度冠婚葬祭でスーツを着ることはあるが、仕事では初めてだ。

T建設主催の安全大会がY.M.C.A国際文化ホールで開催される
のだが、社長の息子・Mが出席できないため代理で出席するように
言われた。

「作業着で来る人もおるじゃろうけど、スーツを着ていってくれ」と
言われ、「それなら作業着でもいいじゃん」とは思ったが、素直に
従うことにした。

着慣れないのがいちばんの理由だが、とにかくスーツは嫌いだ。
暑がりな俺には余計、息苦しい。

街中に着いたのは丁度昼時で、その辺のサラリーマン達がコンビニや飲食店へ歩き回っていた。
さすがにほとんどが半袖シャツにノーネクタイ。

そして会場も、キャパ300ぐらいがほぼ満席になるほどだったが、
半数以上は半袖シャツだった。

「暑いのに、上着なんか来てこなくてよかったじゃん」とは思ったが、
冷房がガンガンに効いていてちょうどよかったかもしれない。


サラリーマンといえば、真っ先にこの曲が浮かんでくる。
AVANT-GARDEの曲は以前に1度掲載したが、この曲も大好きで2人でのみならず、ソロのステージでもよく歌った。




安定志向/AVANT-GARDE

あなた最近作り笑顔が上手くなった
少し陰ある笑顔が
ところで私も作り笑顔が上手くなった
哀しいくらい 本当に

世の中を要領よく渡ってゆくには
それがいちばん手っ取り早い手立て
誰だって楽して生きていたいから
あなたも私も手を取り合って
人の顔色うかがいながら
背中丸めて微笑むのさ

いつかきっと化けの皮剥がされてしまう
いつか いつか いつの日か
覚悟はできているかい

朝昼晩といつでも「おはようございます」
疲れてないのに「お疲れさまでした」
決まり決まった文句を並べてなけりゃ
いつかは誰かに潰されてしまう

こんな調子でグレーのスーツに七三の頭
同じような道をテクテク歩くだけ
もがけばもがくほど自分の首を絞めてる
時の流れに逆らえはしない
安定志向の真っ只中に
このまま閉じこもってしまおうか

こんな自分が情けないと思っている間は
まだ まだ まだマシさ
Oh まだマシさ

天国は遠くの街 

BOROを初めて聴いたのは、1982年10月にリリースされたアルバム『愛』。
もちろん『大阪で生まれた女』は知っていたが、然程興味がなかった。

LPレコード『愛』を買ったのも、何となくだった。
だが何となく気に入り、それ以来聴くようになった。

実は、今一番欲しいアルバムがこの『愛』。

『愛』BORO

いつかの引越しの時に、レコードは全部処分してしまった。
その時はそれほどお気に入りではなかったのだろう。
カセットテープにも録っていたのだが、捨ててしまったのだろうか…探しても見当たらない。

ネットでもいろいろ探してみた。
『愛』よりも10ヶ月前にリリースされたアルバム『罪』は、CDが発売されているのを確認した。
しかしながら『愛』は、CDがあるのかどうか定かではない。

ヤフオクでLPレコードが出品されている。
手に入れても聴く手立てがない。
なにより、レコードの雑音がレコードしかない時代から嫌いなのだ。

いや、そんなことは言ってられない。
『愛』のCDがこの世に存在しないなら、LPレコードとレコードプレイヤーを買わなくてはならない。

ここで歌詞を載せたかったのは、その『愛』のラストに収録されている曲『海に架かる橋』なのだが、所々どうしても思い出せない。

というわけで『罪』に収録されている曲を載せることにした。
この曲はステージで歌ったこともある。

昨日知ったのだが、松田優作に提供した曲、『天国は遠くの町』らしい。
下記の歌詞とは所々単語が違う。




天国は遠くの街/BORO

国道はおりからの 雨と宝石のしずく
ヘッドライトはカミソリのように アスファルトさえ切り刻んだ

鍵もかけずに出てきた アパートがちょっと気がかり
でもこころに鍵をかけたのは あんたと別れたせい

ここから天国は遠くの街
その門を叩いたものは 二度と帰らない


まずしかった青春 肩をならべて震えた部屋
おきざりにされたろうの人形はあんたが愛したあたし

ふとすれちがった風が 涙を乾かせてくれたこともある
でもそれを幸せと呼べたのかどうかは 今でもわからない

たどりつきもしないのに 立ち止まって振り返るのはやめよう
こころに鍵をかけたままのみにくい生き方も

ここから天国は遠くの街
その門を叩いたものは 二度と帰らない

ここから天国は遠くの街
その門を叩いたものは 二度と帰らない

雨やどり 

雨やどり/さだまさし

それはまだ 私が神様を信じなかった頃
九月のとある木曜日に雨が降りまして
こんな日に素敵な彼が現れないかと
思ったところへ あなたが雨やどり

すいませんねと笑うあなたの笑顔 とても凛凛しくて
前歯から右に四本目に虫歯がありまして
しかたがないので買ったばかりのスヌーピーのハンカチ
貸してあげたけど傘の方が良かったかしら

でも爽やかさがとても素敵だったので
そこは苦しい時だけの神だのみ
もしも もしも 出来ることでしたれば
あの人に も一度逢わせてちょうだいませませ

ところが実に偶然というのは恐ろしいもので
今年の初詣でに 私の晴着のスソ踏んづけて
あっこりゃまたすいませんねと笑う 口元から虫歯がキラリン
夢かと思って ほっぺつねったら痛かった


そんな馬鹿げた話は 今まで聞いたことがないと
ママも兄貴も死ぬ程に笑いころげる奴らでして
それでも私が突然 口紅などつけたものだから
おまえ大丈夫かと おでこに手をあてた

本当ならつれて来てみろという リクエストにお応えして
五月のとある水曜日に 彼を呼びまして
自信たっぷりに紹介したらば 彼の靴下に穴がポカリン
あわてておさえたけど しっかり見られた

でも爽やかさがとても素敵だわとうけたので
彼が気をよくして急に
もしも もしも 出来ることでしたれば
この人をお嫁さんにちょうだいませませ

その後私気を失ってたから よくわからないけど
目が覚めたらそういう話がすっかり出来あがっていて
おめでとうって言われて も一度気を失って
気がついたらあなたの腕に雨やどり





たま~にではあるが、ステージでさだまさしを歌うと、
「似ている」と言われることがある。

もちろん自分では、これっぽっちも似てると思ったことはない。
さだまさしのか細い声と俺の低い声、むしろ正反対なくらいだ。

とはいえ、高校1年の冬にギターを始めてから大学に入るまではずっと家で弾き語り続けたこともあり、初期の頃の曲は今でも大体歌詞を見ずに歌いまわしまで真似出来る。

多分それが「似ている」と言わせるのだろう。

むかしは、カヴァー曲を人前で演奏するということに偏見を持っていた。
本物のほうが絶対いいに決まってるのに、なぜわざわざ物真似を披露するのか…
自分達なりにアレンジを変えて演奏するならまだしも、お金を払って観に来るお客さんに対して失礼だ!

そんなわけで、おたぶを結成するまではほとんどカヴァーなどしなかった。

ところがどういうわけか、おたぶでカヴァーをやることに何のためらいもなかった。
おたみが自然にカヴァーをやっているのに多少影響されたのかもしれない。
そして、けっこうカヴァーも楽しいことに気づいた。
なにより、それを期待しているお客さんもいっぱいいることに気づいた。

それからは、YABUのソロでもカヴァーをぽつぽつとやるようになった。
(というほどソロステージ自体をやってないが…)

がしかし、さすがにこの曲はやろうかやるまいか迷った。
好きな曲ではある。
ただ、この手の軟弱と言われる曲は人前ではやったことがなかった。
小山卓治だとかBOROだとか、あくまでYABUのイメージを崩さない曲を選んでいた。

だが、おたぶをやりだしてそのイメージも薄れつつあったこともあり、思い切ってやってみた。
案外、何の違和感もなく出来た。
観客はみんな酔っ払いということもあったが、ウケもまあまあ…

最近では、むかしは考えられなかった女性ヴォーカルの曲も歌ってみたいと思っている。

そういえば、公の場で歌った女性ヴォーカルの曲は、
まだおたみの『いま 夜空へ』1曲だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。