YABUへびぃ この1曲

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【DESPERADO/おたみ&ゆみち】 

えらく好評だったのでUPしてみました。


スポンサーサイト
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

親父の一番長い日 

親父の一番長い日/さだまさし

おばあちゃんは 夕餉の片付けを終えた時
弟は二階のゆりかごの中で
僕と親父は 街頭テレビのカラテ・チョップが
白熱した頃に
妹の誕生を知った
それから親父は 占いの本と辞書と
首っぴきで 実に一週間もかけて
娘のために つまりはきわめて何事もない
ありふれた名前を見つけ出した
お七夜 宮参り 夫婦は自画自賛
可愛いい娘だと はしゃぎ廻るけれど
僕にはひいき目に見ても しわくちゃの失敗作品
やがて彼女を訪れる 不幸に胸を痛めた
兄貴として

妹の生まれた頃の我が家は お世辞にも豊かな
状態でなかったが
暗闇の中で何かをきっかけに 灯が見えることがある
そんな出来事だったろう
親思う心に勝る親心とやら そんな訳で妹は
ほんのかけらも
みじめな思いをせずに育てられた
ただ顔が親父に似たことを除けば
七五三 新入学 夫婦は狂気乱舞
赤いランドセル背負ってか背負われてか
学校への坂道を 足元ふらふら下りてゆく
一枚のスナップが 今も胸に残ってる
兄貴として

我が家の血筋か妹も 足だけは早くて
学級対抗リレーの花形で
もっとも親父の応援のすごさに 相手が気おくれをして
随分助けられてはいたが
これも我が家の血筋か かなりの演技派で
学芸会でも ちゃんと役をもらった
親父の喜びは言うまでもない たとえその役が
一寸法師の赤鬼の役であったにしても
妹 才気煥発 夫婦は無我夢中
反抗期を過ぎて お赤飯を炊いて
中学に入れば多少 女らしくなるかも知れぬと
家族の淡い期待あっさり 裏切られてがっかり
兄貴として

妹の初恋は高校二年の秋
相手のバレー部のキャプテンは よくあるケース
結局言い出せる筈もなく 枯葉の如く散った
これもまたよくあるパターン
彼氏のひとりもいないとは情けないと
親父はいつも 笑い飛ばしてはいたが
時折かかる電話を 一番気にしていたのは
当の親父自身だったろう
危険な年頃と 夫婦は疑心暗鬼
些細な妹の言葉に揺れていた
今は我が家の一番幸せなひととき
も少しこのままいさせてと 祈っていたのでしょう
親子として


或る日ひとりの若者が 我が家に来て
“お嬢さんを僕に下さい”と言った
親父は言葉を失い 頬染めうつむいた
いつの間にきれいになった
娘を見つめた
いくつもの思い出が親父の中をよぎり
だからつい あんな大声を出させた
初めて見る親父の狼狽 妹の大粒の涙
家中の時が止まった
とりなすお袋に とりつく島も与えず
声を震わせて 親父はかぶりを振った
けれど妹の真実を見た時
目を閉じ深く息をして 小さな声で…
“わかった娘はくれてやる
そのかわり一度でいいうばって行く君を
君を殴らせろ”と言った
親父として

妹の選んだ男に間違いはないと
信じていたのもやはり親父だった
花嫁の父は静かに 娘の手をとり
祭壇の前にゆるやかに立った
ウェディング・ベルが 避暑地の教会に鳴り渡る時
僕は親父を見ていた
まぎれもない父親の 涙の行方を
僕は一生忘れないだろう
思い出かかえてお袋が続く
涙でかすんだ目の中に僕は
今までで一番きれいな妹と
一番立派な親父の姿を
刻み込もうとしていた
兄貴として
息子として





この曲がリリースされたのは、俺が中学生の時。
今でこそ、あまり聴かなくなったが、当時はさだまさしが一番。

12分という長いこの楽曲は、当時のレコードEP版ではなく、LPサイズのシングルレコードとして売り出された。

少々話はさかのぼるが、
この新曲の発売数日前の深夜、
いつものように勉強するふりをしてラジオを聴いていた。
さだまさしの番組だ。

新曲発売直前にラジオで流すのは、この頃の定番。
もちろん、「親父の一番長い日」も例外ではない。
すかさず、カセットテープに録音。

その夜、再生・一時停止・再生・一時停止と何度も繰り返し、長~い歌詞を書き出した。
そして、さすが中学生…
一晩で全部覚えた。



ややコミカルタッチな描写で後半に感動を持ってくる…さだまさしお得意のパターンだ。
俺は、歌を聴いて涙することはあまりないのだが、この曲を聴くと今でも時々目頭が熱くなる。

突然思い立ったように記事にしたのは、弾き語ってみたくなったからだ。

歌ってみた。

この曲に限らず、この頃の曲はほぼアンプで歌えるから不思議だ。

この1曲  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

その人達に想う 

恋愛歴の途中だが、書きたいことが出来た。




昨日は、毎年この時期に卑弥呼で行われている『蔵』プロジェクトに行って来た。

今年で3度目、10回まで続けるそうだ。

過去2回は常設ステージがあり、卑弥呼に馴染みの深いミュージシャンを中心に沢山のグループが演奏した。
おたぶもいずれも泊まりで参加し、延べにするとかなり長い演奏時間を頂いた。

しかし今年は、諸々の事情により長丁場LIVEは無し。


それでも「おたぶの歌が聴きたい」と言ってくれる人もいるので、帰り間際に卑弥呼のママさんにも断りなく、空いている場所に勝手に
店開き。
『いのちの歌/茉奈佳奈』
『時代/中島みゆき』
『月の導/つくばねトリオ』
とアンプラグドで3曲演奏した。

最近おたぶは、この手の観客1~5人のゲリラLIVEにハマっている。

おたみは卑弥呼のママさんに、
「あたしゃ~10回とも歌って帰ることに決めたけぇ~ 『やめてくれ』
言われても歌うけぇ」と宣言して帰った。

話は戻るが、『蔵』に着くとそこで知り合った音楽仲間の中山泰造くんが餃子を焼いていた。

彼は、NHK広島の主催する「いのちのうた 2009」に応募し、一次審査で全国361曲のうちの9組に残った。
いやいや、ここでとやかく言うよりNHK広島のホームページを見て
もらおう。

さっそく観覧希望を申し込んだ。

彼はYouTubeで同じ出演者・今泉ひとみさんを観たらしく、
「ヤバイですよ~。僕なんか…」
と言っていたので、気になって家に帰ってからYouTubeを観てみた。

「確かに上手いし曲もいいが、これなら泰造くんのほうが上だ」
と思った。
おたみも同意見。

人それぞれ感じ方も違うし好みもある、反論もあるだろう。
いやその前に、この曲をここで聴かせられないのが残念だ。




その人達に想う/中山泰造

朝 早く目がさめて
セミはもう鳴き出してる
窓を開ければ雲一つない快晴
澄み切った青空が広がる
電車に揺られゴトゴトと
行くあてもなくゴトゴトと揺られ
相生橋、産業奨励館の屋根の光
あたった僕はゆっくりと目を閉じる
影だけ残してあなたは消える
影すら残さずにあなたは消える
語る言葉も生きていた証も
思いだけ残してあなたは消える
とりとめもなく電車を降りて
とりとめもなく歩き出す
石の階段 腰掛けて
行きかうひとに目を向けて
二度目のサイレンさえも
気にせずに動く町の中
遠くで聞こえるプロペラの音
時計はすでに8時10分
橋を歩くあなたは土に
動きつづけるあなたは空に
語る言葉も生きていた証も
思いだけ残してあなたは消える
朝 早く目がさめて
セミはもう鳴き出してる
窓を開ければ雲一つない快晴
澄み切った青空が広がる
影だけ残してあなたは消える
影すら残さずにあなたは消える
橋を歩くあなたは土に
動きつづけるあなたは空に
奨励館の屋根も橋の上の電車も
何も語らず 立ちつくす
影だけ残した あなたは何を思う?
影だけ残した あなたを想う
影だけ残した あなたは何を思う?
影だけ残した あなたを想う





夕方、おたみの実家へ寄って晩御飯を頂いて帰ることにしたのだが、途中電話で「カレー作っとるけぇ」とお義母さん。

カレー好きな俺は本来なら喜ぶところなのだが、前例もあり「何やら得体の知れないものが入っているのではないか?」という不安が
脳裏を横切り、素直に喜べなかった。

何の変哲も無い普通のカレーで良かった!
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ふるさと 

おたぶのLIVEが決まった。
5月6日水曜日、連休最後の日。

去年の1月に続いて、
2回目のメリィハウス西風新都でのロビーコンサートだ。
おたぶの正式なLIVE自体、約1年振りとなる。

前回同様、14時から・15時からの30分2ステージ。

前回、おたぶなりに客層に合わせて選曲したつもりだったのだが、
1ステージ目が終わった後、「みんなで歌える歌があったらよかったね、『ふるさと』とか…」とスタッフに言われた。
楽譜がなければ演奏できないおたぶ…
ましてや『ふるさと』は想定外だった。
しかし、意地がある…
というより、スタッフに言われたように1曲ぐらいみんなで歌える歌があったほうがいいだろうということで、2ステージ目の選曲を考え直した。

唯一、たまたまいつか演奏しようと思っていた『椰子の実』の楽譜が見つかった。

練習などしていないに等しかったので、しどろもどろな演奏となって
しまった。

リベンジではないが、今回は童謡・唱歌を多めに取り入れようと思う。
もちろん、この曲も…




ふるさと/(唱歌)

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川
夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷

如何にいます父母 恙なしや友がき
雨に風につけても 思いいずる故郷

こころざしをはたして いつの日にか帰らん
山はあおき故郷 水は清き故郷
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

しあわせの唄 

話が前後するが、実は年末にもうひとつのサプライズがあった。

12月27日、会社でたな卸しがあった。
以前から卑弥呼さんと約束していた、廃棄するフローリング材を『蔵』再建のためにとっておくため、会社の車に積み込んだ。

卑弥呼のマスターが、
「いつでも電話してくれれば軽トラで取りに行く」
と言っていてくれたのだが、到底軽トラに積める量ではない。

少々遠いので、「たいぎ~」と思うこともあるが、行くと「よかった」と思えるのが卑弥呼である。
どっちみち、正月休み中に車の中を空にしておかなければならないので、翌日早速おたみと二人でフローリング材を持って行くことにした。

御宝屋カフェで昼食をとり、のんびりくつろいでいると、一人の女性が来店した。

もちろん、その時点では気にもとめていなかった。

俺達はもちろん長居した。
その女性も長居していた。
ここで長居する通りすがりのお客さんはけっこういるので、べつに不思議にも思わなかった。


2~3時間経ったろうか、卑弥呼のママさんがその女性と何やら話しているようだった。
顔見知りでないお客さんが来ると、ママさんは必ず「どちらからお出でですか?」と尋ねる。

其処までは、いつもと変わらぬ風景だった。

ところがその女性、昨年の『蔵』イベントで我々おたぶのLIVEを観て、ホームページも覗いてくれていると言うのだ。

おたみはすぐさま、その女性に話しかけた。
そして同じ広島市の人だということも判明した。

ママさんの「おたぶ、やったら?」の一言でアンプラグドLIVEを決行した。
観客は一人…


何しろ、7月以来ギターケースを開けていない上に左手の爪は伸び放題。
おたぶには必需のカポタストも無く、持参していた楽譜も僅か…

そんな条件で「やろう」と思ったのは、その女性に出会えた感動からだろう。

合間にお喋りを挟みながら数曲演奏した。

つくばねさんの『月の導』、オリジナル『しあわせの芽』、この2曲は楽譜無しでいつでも弾けるので問題なかった。

中島みゆきの『糸』、「いつかやろう」と言っただけで、まだ練習にとりかかっていない曲。
そして、持参した楽譜のオリジナルキーでは低すぎておたみは歌い辛い。
それでもこの曲がやりたかったので、コードを頭の中で変換しながら演奏した。

もう1曲つくばねさんの、『しあわせの唄』。
おたみソロでは何度かカヴァーしているのだが、おたぶでは確かもう1人交えて1回だけやった記憶がある。

無難に演奏を始めたのだが、おたみのキーでは声が出ないため、サビに入ると1オクターブ下げて歌い始めた。
ほとんどの曲がそうなのだが、やはりサビは高い音で盛り上げるべきだ。
そう思い、俺はとっさにサビを歌い始めた。
すると、おたみがハモにまわる。

完成度はかなり低いが、気持ちのいい演奏だった。

何より自分の曲でさえ相当練習しなければ満足に歌えない、カラオケに行ってもなかなか歌わない俺が、ほとんど歌ったことのない曲をいきなり人前で歌いだしたことに、おたみは驚いていた。

やはり「出会いの感動」の力なのだろうか…




しあわせの唄/つくばねトリオ

おなかが出てきた 小ジワが増えた
老眼になった 白髪になった
耳毛が伸びた 肩こりになった
物忘れがひどくなった

ずるっとなくなった 入れ歯になった
腰が曲がってきた 耳が遠くなった
父ちゃんが死んだ 母ちゃんも死んだ
あの頃のような元気はないが

それでも僕は胸を張って 幸せだと言おう
今日まで生きれて ホントによかった
順番通りでよかった

死に急ぐほど 悪くはないさ
世の中捨てたもんじゃない
ここまで生きれて 僕は幸せ
順番通りで幸せ





この曲を始めて聴いた時、「ヤラレタ」と思った。
こういう感じの詞を作ってみたいと思っていたと同時に、例え偉大なミュージシャンが作った曲だろうと「俺ならこう表現する」と批判めいたことを思いつくのだが、この曲には脱帽した。
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。