YABUへびぃ この1曲

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【DESPERADO/おたみ&ゆみち】 

えらく好評だったのでUPしてみました。


スポンサーサイト
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

親父の一番長い日 

親父の一番長い日/さだまさし

おばあちゃんは 夕餉の片付けを終えた時
弟は二階のゆりかごの中で
僕と親父は 街頭テレビのカラテ・チョップが
白熱した頃に
妹の誕生を知った
それから親父は 占いの本と辞書と
首っぴきで 実に一週間もかけて
娘のために つまりはきわめて何事もない
ありふれた名前を見つけ出した
お七夜 宮参り 夫婦は自画自賛
可愛いい娘だと はしゃぎ廻るけれど
僕にはひいき目に見ても しわくちゃの失敗作品
やがて彼女を訪れる 不幸に胸を痛めた
兄貴として

妹の生まれた頃の我が家は お世辞にも豊かな
状態でなかったが
暗闇の中で何かをきっかけに 灯が見えることがある
そんな出来事だったろう
親思う心に勝る親心とやら そんな訳で妹は
ほんのかけらも
みじめな思いをせずに育てられた
ただ顔が親父に似たことを除けば
七五三 新入学 夫婦は狂気乱舞
赤いランドセル背負ってか背負われてか
学校への坂道を 足元ふらふら下りてゆく
一枚のスナップが 今も胸に残ってる
兄貴として

我が家の血筋か妹も 足だけは早くて
学級対抗リレーの花形で
もっとも親父の応援のすごさに 相手が気おくれをして
随分助けられてはいたが
これも我が家の血筋か かなりの演技派で
学芸会でも ちゃんと役をもらった
親父の喜びは言うまでもない たとえその役が
一寸法師の赤鬼の役であったにしても
妹 才気煥発 夫婦は無我夢中
反抗期を過ぎて お赤飯を炊いて
中学に入れば多少 女らしくなるかも知れぬと
家族の淡い期待あっさり 裏切られてがっかり
兄貴として

妹の初恋は高校二年の秋
相手のバレー部のキャプテンは よくあるケース
結局言い出せる筈もなく 枯葉の如く散った
これもまたよくあるパターン
彼氏のひとりもいないとは情けないと
親父はいつも 笑い飛ばしてはいたが
時折かかる電話を 一番気にしていたのは
当の親父自身だったろう
危険な年頃と 夫婦は疑心暗鬼
些細な妹の言葉に揺れていた
今は我が家の一番幸せなひととき
も少しこのままいさせてと 祈っていたのでしょう
親子として


或る日ひとりの若者が 我が家に来て
“お嬢さんを僕に下さい”と言った
親父は言葉を失い 頬染めうつむいた
いつの間にきれいになった
娘を見つめた
いくつもの思い出が親父の中をよぎり
だからつい あんな大声を出させた
初めて見る親父の狼狽 妹の大粒の涙
家中の時が止まった
とりなすお袋に とりつく島も与えず
声を震わせて 親父はかぶりを振った
けれど妹の真実を見た時
目を閉じ深く息をして 小さな声で…
“わかった娘はくれてやる
そのかわり一度でいいうばって行く君を
君を殴らせろ”と言った
親父として

妹の選んだ男に間違いはないと
信じていたのもやはり親父だった
花嫁の父は静かに 娘の手をとり
祭壇の前にゆるやかに立った
ウェディング・ベルが 避暑地の教会に鳴り渡る時
僕は親父を見ていた
まぎれもない父親の 涙の行方を
僕は一生忘れないだろう
思い出かかえてお袋が続く
涙でかすんだ目の中に僕は
今までで一番きれいな妹と
一番立派な親父の姿を
刻み込もうとしていた
兄貴として
息子として





この曲がリリースされたのは、俺が中学生の時。
今でこそ、あまり聴かなくなったが、当時はさだまさしが一番。

12分という長いこの楽曲は、当時のレコードEP版ではなく、LPサイズのシングルレコードとして売り出された。

少々話はさかのぼるが、
この新曲の発売数日前の深夜、
いつものように勉強するふりをしてラジオを聴いていた。
さだまさしの番組だ。

新曲発売直前にラジオで流すのは、この頃の定番。
もちろん、「親父の一番長い日」も例外ではない。
すかさず、カセットテープに録音。

その夜、再生・一時停止・再生・一時停止と何度も繰り返し、長~い歌詞を書き出した。
そして、さすが中学生…
一晩で全部覚えた。



ややコミカルタッチな描写で後半に感動を持ってくる…さだまさしお得意のパターンだ。
俺は、歌を聴いて涙することはあまりないのだが、この曲を聴くと今でも時々目頭が熱くなる。

突然思い立ったように記事にしたのは、弾き語ってみたくなったからだ。

歌ってみた。

この曲に限らず、この頃の曲はほぼアンプで歌えるから不思議だ。

この1曲  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

MONEY 

灯LIVE後、数名の知り合いが居残ってくれ、おおいに盛り上がった。

カラオケを半強制的に歌わせられることになった。

以前にも書いたと思うが、俺はカラオケは好きではない。

いや、正確に言うとカラオケを大勢の人に聴かせるのが嫌なのだ。
下手だからだ。
俺とてむかしは弾き語りをやっていた身…
歌うことはもちろん好きだ。
だが、自分でギターを弾いていないと余計に音を外す。


それでも2曲ほど、俺の中で歌い慣れた曲を歌った。

また俺の番だ…

今日は浜省命のTさんも急遽来てくれたことだし…
(Tさんの前では『省吾さま』と言わなければならない)

この曲を選曲した。




MONEY/浜田省吾

この町のメインストリート 僅か数百メートル
さびれた映画館と バーが5,6軒
ハイスクール出た奴等は 次の朝 バッグをかかえて出てゆく

兄貴は消えちまった 親父のかわりに
油にまみれて 俺を育てた
奴は自分の夢 俺に背負わせて 心ごまかしているのさ

Money, Money makes him crazy
Money, Money changes everything
いつか奴らの 足元に BIG MONEY 叩きつけてやる

彼女は夢見てる 華やかなMOVIE STAR
湖の畔に車を止めて
俺達 楽しむのさシートを倒して むし暑く長い夏の夜

あの時彼女は こう喘ぎ続ける
”愛してる… 愛してる… もっと もっと…”
だけど ゆうべどこかの金持ちの男と 町を出て行った

Money, Money makes her crazy
Money, Money changes everything
いつかあいつの足元に BIG MONEY 叩きつけてやる

俺は 何も信じない
俺は 誰も許さない
俺は 何も夢見ない
何もかもみんな 爆破したい

純白のメルセデス
プール付きのマンション
最高の女と ベッドでドン・ペリニヨン
欲しいものは全て ブラウン管の中 まるで悪夢のように

Money, Money makes me crazy
Money, Money changes everything
いつかこの手に つかむぜ BIG MONEY
I've got nothing nothing to lose


【YouTube動画】




俺とて人間、叫ぶことだってある。

この1曲  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

シンデレラ・リバティ#9 

シンデレラ・リバティ#9/中村あゆみ

夜はいつもDance あいつの胸で
踊っていても シンデレラ・リバティ
恋はTimin' & Chance
そう今夜こそ 朝まで家に帰らないつもりさ

横目で時計見ながら ためいきまじりのKiss
星に打たれ かわしあうのよ

ホンの5分でいいから すべてを止めていたい
ハートがきざむ 時間の中で…

午前零時の月が昇る頃には
ベッドの中 一人で眠る夜毎のLonely Doll

夜はいつもDance あいつの胸で
踊っていても シンデレラ・リバティ
恋はTimin' & Chance
そう今夜こそ 朝まで家に帰らないつもりさ

伏目がちな横顔 子どもみたいな微笑み
いつでもそばにいたいのよ
大切なものをいつも見失ってきたけれど
今夜からはちがうはずよ

最終電車のライト見送りながら
タクシーライトの街 二人歩きだすの

真夜中のロマンス あいつの胸に
抱かれていたい シンデレラみたいに
恋はTimin' & Chance
そう今夜こそ 朝まで家に帰らないつもりさ

夜はいつもDance あいつの胸で
踊っていても シンデレラ・リバティ
恋はTimin' & Chance
そう今夜こそ 朝まで家に帰らないつもりさ





この曲の思い出に関しては、記事『シンデレラの肖像』に掲載した
通りである。

この頃はY恵ちゃんに関係なく、中村あゆみをよく聴いていた。

YouTubeはおろか、歌詞検索でもやはり「シンデレラ・リバティ#9」はヒットしなかった。

最近たまにテレビに出ていることもあり、懐かしくて遂この曲が収録
されているアルバム『Midnight Kids』をヤフオクで落札してしまった。

今でも、この曲が一番好きである。
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

怜子 

それまではわりと細めの娘ばかりだったが、高校に入って好きに
なった娘は違った。

やはり同じクラスの娘だったが、小柄でぽっちゃりまではいかないがお世辞にもスタイルがいいとは言えない。

この頃の俺は勉学も落ち気味で公立高校にギリギリ受かったという
ような感じ、性格も内気で、もう異性の気を惹く「男」としての自信は
なくなっていた。

席替えで隣になった。
ドキドキしっぱなしで、お喋りなんてほとんど出来なかった。
そればかりか、授業中に居眠りをするのが俺の日課となっていた。

その娘でなくとも、そんな男のことがが気になるわけがない。

行動とは裏腹に、それまでにないくらい恋に悩んだ。
文字通り、何も手につかないこともあった。


ひとつ鮮明に覚えているのは、学年での駅伝大会。
むかしから走ることは苦手ではなかったので、第何走者かに選ばれた。

キツイ上り坂で「YABUくん、がんばって~!」と彼女の声援…
もちろんクラスの走者全員に送ったのだと思うが、あれほど嬉しかったことはない。

その勢いかどうか、残念ながら抜くことは出来なかったが、俺は前を行く走者にかなり追いついた。

余談だが、その駅伝大会
アンカー前で俺のクラスはトップ。
2位に大差をつけていたのだが、ゴール直前であっさり抜かれて
しまった。
相手は陸上部のエースだった。


2年3年と、その娘と同じクラスになることはなかった。
教室移動中にたまに見かけるだけ…
それでも、彼女への想いは冷めなかった。

3年の体育祭後、貴重な写真を手に入れた。
彼女のチアリーダー姿なのだが、振り付けを間違えて舌を出している瞬間だ。

彼女のクラスに体育祭の写真が貼り出してあるのを見て、そのクラスの男に頼んでこっそり買ってもらったものだ。

その頃噂に聞いただけなので定かではないが、彼女にも想い続けている人がいたそうだ。
ちょっとショックだったのは、その相手は俺が小学2年で転校する
まで、近所に住んでいて一番仲のよかった奴だ。
ちなみに、そいつとは高校ではほとんど話さなかった。

そして、卒業式を迎えた。
断られることは分かっていたが何か踏ん切りがつかないので、俺は
その夜勇気を出して告白の電話をした。

多分、あっさりと決着がついたはずだ。
ただ、俺の話す声は小さく途切れ途切れ、この上なく震えていたことだけは覚えている。




怜子/中島みゆき

怜子 いい女になったね
惚れられると 女は
本当に 変わるんだね
怜子 ひとりで街も歩けない
自信のない女だった
おまえが 嘘のよう

ひとの不幸を 祈るようにだけは
なりたくないと願ってきたが
今夜 おまえの幸せぶりが
風に追われる 私の胸に痛すぎる


怜子 みちがえるようになって
あいつにでも 本気で
惚れることが あるんだね
怜子 あいつは 誰と居ても
淋しそうな男だった
おまえとならば あうんだね

ひとの不幸を 祈るようにだけは
なりたくないと願ってきたが
今夜 おまえの幸せぶりが
風に追われる 私の胸に痛すぎる


YouTube 動画




そう、彼女の名前は字が違うが「れいこ(玲子)」。
「SACHIKO」「安奈」等、タイトルに名前を使った曲はたくさんあるが、まさか「れいこ」があるとは思わなかった。
俺はこの曲に特別な思いを懐き、家でも時々歌っていた。

ちなみに、俺の母親は「怜子」。
複雑な思いだった。

この1曲  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。