YABUへびぃ 2009年02月

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

春色の恋 

「いつから休んでないだろう?」というぐらい、日曜も祝日も出勤続きである。
もちろん今日も…

昨夜は、おたみの長男夫婦が大阪から来ていたこともあり、
みんなで外食。
その時、ケータイが鳴った。
「悪いんじゃけど、明日は米子に行ってくれん?」

仕事なので「イヤ」とは言えない。
日曜が仕事ということは聞かされていたが、のんびり7時半出勤の
予定が、1時間半も早起きしなくてはならない羽目になってしまった。

最近、遠方へ1人で行く時はいつもi-Podを鳴らしている。
200曲ほどは入れているが、聴くのは専ら松田聖子。
眠たさがピークになった時だけ、ジュディマリかプリプリ…といった
具合。

片道3時間の道程だが、仕事は1時間ほどで終わった。
そこで、道中なこともあり、帰りにちょっとだけ卑弥呼『蔵』に立ち
寄ることを思いついた。

近いうちにフローリング貼りを頼まれている場所を見ておきたかったので調度よかった。
途中知り合いも1人現れて、マスターのヒロさんとあれこれ打ち合わせや雑談を楽しんだ。

なにしろ、一人で卑弥呼に行ったのは初めて。
毒舌なママさんがどういう反応をするかも楽しみだったのだが、
結婚式出席のため広島へ出向いていたらしく、会えなかったのは
ちょっと残念だった。
いやいや、
どちらにも会えなかったおたみに比べれば運が良かった。

何にしても、着々と工事の進行しつつある『蔵』だが、俺はまだ材料を持って行っただけで何もしていない。
その時が来るのが楽しみだ。


本編とは特に関係ないが、詞はさて置き、この曲はいい。
いや、やはりアレンジが俺好みなのだろう。
眠気覚ましにもなる。
今日も往復の運転中10回ほどは聴いたかもしれない。

そういえば、もう春。
恋はしないだろうが…




春色の恋/松田聖子

好きな気持ちあなたに気付かれないよう
あふれてくる笑顔おさえなくちゃ…
そんな事を誓ってデートをしたのに
見つめ合っただけで恋におちたの
言葉さえいらない魔法にかかったよう
あなたへの想いで泣きそうになってくる

風に誘われて
あなたに心を奪われ
春の木漏れ日の光に揺られて
優しくキスしてね

好きな気持ちどちらが強いのかなんて
気にして電話さえできなくなるの
あなたへの想いがつのればつのるほどに
同じだけ不安な気持ちも大きくなる

風よ伝えてね
恋する素直な気持ちを
春の花びらと私の心を
あなたのその胸に

風に誘われて
あなたに心を奪われ
春の木漏れ日の光に揺られて
優しくキスして
抱きしめられたら
「好き」だとつぶやくの…
スポンサーサイト
日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

パントマイム 

パントマイム/YABU

君の背中に抱え込んだ荷物 僕が今引き受けよう
失った恋の儚さを知りすぎた僕が

立ち止まる君の肩を 抱くことはできるけど
ただインスタントの優しさで君を奪いたくはない

ひとつずつひとつずつ手のひらに こぼれる涙の
行方を追えるように僕は本当のピエロになろう
君の悲しみなんかすぐに忘れさせられるよ


今夜だけ僕はフェミニスト だから我慢できない
覚束無いその足取りを見守るだけでは

こんなにも傷ついた羽で 飛ぶことはできないから
僕の魔法のパントマイム このまま見てておくれ

少しずつ少しずつ遠ざかる 小さな夢を
忘れさせるために僕は 本当のピエロになる
君に笑顔が戻るなら 僕はおどけてみせよう





大学1年の時に作ったオリジナル3作目ということで、
ほとんど道化師のソネットの真似のような詞になってしまった。

小さい頃から喋り下手だった俺は、どこにでもいるクラスのおどけ者をいつも恨めしく思っていた。
そのことが、ピエロへの憧れと繋がったのだろう。

他人を笑わすことはおろか自分が笑うことも、おたみと付き合い出すまではほとんどなかった。
笑ってみて初めて、笑うことの大切さを知った。
家でも喋らない俺が言うのも滑稽なことだが、
やはり笑いの絶えない明るい家庭が好きである。

「人を笑わすことは、こんなにも簡単なんだ」
ということを教えてくれたのもまた、おたみである。
知っての通り、彼女はいつもゲラゲラ笑っている。
「こんな些細なことで笑ってくれるんだ」と思ったこともたくさんある。
もちろん笑い上戸なところもあるが、
彼女は、俺を笑わすように或いは自分が笑えるように、いつも努力
していると言う。
《笑い=幸せ》とは言わないが、それに近いものはあるかもしれない。

決して、それを理由におたみに走ったわけではない。
…いや、少しはあるかもしれない。

とにかく、〈年下〉〈スリム〉という俺の理想への思い込みを2つも
あっさりと打ち消してしまったのだから、〈笑いの力〉とは偉大なもの
である。


そういえばただ一度だけ、大学生の時、
後輩の女の子に「第一印象は面白い人」と言われたことがある。
生涯忘れることの出来ない思い出である。

個人授業 

べつにネタが尽きたわけではないが、仕事が忙しく、しばらく記事を
更新していなかった。
「次はコレ」という候補が2つあったのだが、さっき驚くべき事実が
判明したので、それを書くことにした。

生まれて初めて自分で買ったレコードが、おたみと一緒だった。
他人からすれば、「それだけ?」の事である。

それにしても、どんなシチュエーションの詞も書ける阿久 悠は、
本当に偉大な作詞家だ。




個人授業/フィンガー5

いけないひとねといって
いつもこの頭をなでる
叱られていてもぼくは
なぜかうっとりしてしまう
あなたはせんせい

授業をしている時も
ぼくはただ見つめてるだけ
魔法にかかったように
昼も夢みている気分
あなたはせんせい

あこがれのあのひとは
罪なことだよ せんせい
出来るなら個人授業を
受けてみたいよ ハハハ

学校帰りの道で
じっと待つこの身はつらい
毎日毎日同じ
場所でただこうしているよ
あなたはせんせい せんせい

はやりのドレスをいつも
しゃれてきこなしてるひとよ
けっこうグラマーなことも
ぼくは気がついてるんだよ
あなたはせんせい

今度の休みになれば
部屋へたずねることにしよう
ちょっぴりと大人のふりで
愛のことばなどを持って
あなたはせんせい

あこがれのあのひとは
罪なことだよ せんせい
出来るなら個人授業を
受けてみたいよ ハハハ

ちらちらまぶたにうかび
とても勉強など駄目さ
このままつづいて行けば
きっと死んでしまうだろ
あなたはせんせい せんせい


個人授業
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

きみの手 

今日2月7日は、2人の入籍記念日である。
2年前、そう2007年の2月7日…
2と7は2人にとって運命の数字。やはりこの曲は今日UPすべき
だろう。

この記事を読む前に、今一度『いま 夜空へ』『pierrot』を読み返してほしい。

2003年8月3日、
俺は草野球を終えた夕方、アポなしでおたみに会いにいった。
それまでのやりとりで、日曜日の夕方はほぼ間違いなく家にいると
思ったからだ。

家の近くで車を停め、電話をかけたが、出ない。
2時間ほど待つ間に何度か電話したが、やはり出ない。
あまり帰りが遅くなるとマズいので、その場は諦めて帰った。

次の日その話をすると、近所の友達の家に行っていたことが判明
した。
とはいっても、何度も鳴るケータイに気づかないはずはない。
「ヤバい」と思い、わざと出なかったそうだ。
後から聞いた話だが、俺が2時間も待っていたことに少し心が動いたおたみは、会う約束をしてくれた。
「これで終わりにしよう」を言うためでもあったらしい。

8月5日、
おたみは平和公園に出かける用事があり、俺もたまたま近くでの
仕事だったこともある。

車の中でのほんの短い時間、何を話したのかよく覚えていない。

こんな関係はよくない、諦めなければ…
実は俺も半分ぐらいそう思っていた。
そして、別れ際に勇気を出して最後のお願いをした。
「手を握ってもいいですか?」

「うん」

詞のとおり、それまで感じたことがないくらいに癒された瞬間だった。

冷まそうとしている熱を更に上昇させるかのように、おたみが俺の
肩に頭を寄せてきた。
無意識だったらしい。

お互い居心地がよかったのだろう。
それから、週に2~3回は会うようになった。
いかに会える時間を作るか、楽しい日々だった。

そして12月、
あえてあっさり書くが修羅場があった。
一転して、辛い苦しいメールが続くようになった。

1月末、
耐えきれなくなったおたみが「別れよう」と切り出してきた。
その場にうち伏せ立ち直れなくなった俺に、おたみはその言葉を
引っ込めてくれた。
しかしながら、想いはあるのに会えない日々がしばらく続いた。

5月、
初めて『きみの手』をステージで歌った。
しがらみがあり、おたみはその場には姿を見せることができなかった。
打ち上げの時、おたみの友達からメールが来た。
「おたみさんが泣いています。もし来れるなら来てください。」
…俺は途中で抜け出した。

もう引き返せない。


この曲はまだ、ステージでは2回しか歌っていない。
もう1度だけ、おたみのために卑弥呼で歌った。

べつに歌うことを制限しているわけではない。
それからソロLIVEをあまりやらなくなったことと、声の調子がいい時にしか歌えない。




きみの手/YABU

その手を握った時 僕の心は癒された
今まで感じたことのない 安らぎに包まれた

それを最後に すべてを白紙に戻そうとしてた
強がりな僕も敵わないほど 柔らかな手だった

 僕よりもずっと小さくて か弱い手だけれど
 冷えきった心の中まで 温めてくれる

その手を守るためなら つらいことにも耐えられるよ
その手を伝わる温もりが 今も僕の手に残っている
忘れられないよ


「想いは変わるものだから」と 君は不安に沈むけど
明日を諦めるより今は 僕を信じていいよ

君の零した涙をすべて ぬぐえる日が来るまで
その手を差し延べていて きっと後悔はしないから

 戸惑いの中でほんの少しだけ 君が見せた素顔に
 僕の居場所を見つけたんだ もう戻れないよ

その手に触れるだけで 幸せな気分のままでいられるよ
その手を伝わる優しさが 僕の勇気に変わる

その手を離したりしない ずっと側にいるよ
どんなことがあっても ずっと側にいるよ
ずっと側にいるよ
もう決めたんだ

わたしの彼は左きき 

わたしの彼は左きき

わたしの彼は左きき/麻丘めぐみ

小さく投げキッス する時もする時も
こちらにおいでと 呼ぶ時も呼ぶ時も
いつでもいつでも 彼は左きき
あふれる泪を ぬぐうのもぬぐうのも
やさしく小指を つなぐのもつなぐのも
いつでもいつでも 彼は左きき

あなたに合わせて みたいけど
私は右ききすれ違い 意地悪意地悪なの

別れに片手を 振る時も振る時も
横目で時計を 見る時も見る時も
私の彼は左きき    


背中にいたずら する時もする時も
ブラックコーヒー 飲む時も飲む時も
いつでもいつでも 彼は左きき
いつでもいつでも 彼は左きき

あなたの真似して みるけれど
私の右きき直せない 意地悪意地悪なの

短い手紙を 書く時も書く時も
誰かに電話を する時もする時も
私の私の彼は左きき…………





取り立ててこの曲がお気に入りだったわけではないが、麻丘めぐみ・南沙織・天地真理…この頃のアイドルはみんな好きだった。
とりわけ、当時はまだ偏見を持たれていた左利きの男性が、この曲でどんなに癒されただろう…

俺は自分が左利きだった記憶がないくらい幼い頃に、右利きに矯正された。
小学校から中学校にかけて硬筆・毛筆を習っていたせいもあり、字は断然右のほうが上手いのだが、絵は意識して右で描いていても知らないうちに左に持ち替えていることがよくあった。

多分、左のほうが能力を発揮出来るのだと思う。

過去の記事にも書いたが、最初は左利き用で始めたギター。
その時のギターは25,000円の安物だったが、
「もっといいのを手に入れるには特注になるため、通常値段より高く
なる」
「ちょっと人のギターを借りて…ということが出来ない」
そういった不便さを感じ、3ヶ月でかなり上達していたギターを右に
持ち替えた。
同じぐらい弾けるようになるのに、かなり時間がかかった。

更にさかのぼって中学時代の野球部、右利きなのに左打ちの練習をしてる奴がいた。
それを横目に見ながら、内心「馬鹿なやつ」と思っていた。
左打者のほうが有利なことは聞いていたが、当時はまだプロ野球の世界での話だと思っていた。
「おまえは右利きだ」と言い聞かされて育った俺は、もちろん小学生の時からずっと右投げ右打ち。
もし左で野球をやっていたなら、プロは夢にしても甲子園ぐらいは
目指せる学校を志望していたかもしれない。

中学の時左腕を骨折した。
日常生活のちょっとしたことが右手では出来ず、随分不便な思いを
した記憶がある。
一方2年前、右手の指3本をあわや切断という大怪我をしたが、両手が使えないという事以外対して不便には思わなかった。
箸もすぐに使えるようになった。

そういえば、練習したわけではないが左で書いても普通に読める字を書く自信はある。
ひょっとしたら、「右手で出来ることは左手で出来る」という特技を
持っているのかもしれない。

その逆は無理だ。
歯磨きは右では出来ない。
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

花になれ 

かなりむかしの事だが、TV番組である大物女優が、
「一番好きな花は霞草…
花束の中では、いつも主役を引き立てる役だけど、
それだけでもたいへん綺麗な花」
という意味の事を言っていた。

他にも基となる題材はあったのだが、その俺の心の奥にずっと残っていたセリフを思い浮かべながら曲を書いた。

詞も曲もわりとすんなり完成に近づきつつあったが、曲の顔である
タイトルに頭を悩ませた。

真っ先に思いついたのは『花』。
しかしこのタイトルの曲はあまりにも世に出回りすぎている。

そんな中、曲自体は聴いていないが、奥田民生の『花になる』が
耳に飛び込んできた。

「これで行こう!」
そして、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」風に最後のサビを思いついた。

「いい応援歌ができた!」
曲を完成させた時、そう思った。

もちろん、曲を作る人はみんな自分の作品を「いい」と思っているに
違いない。
だが「自身の曲は少々マニアックだ」と自覚している俺も、何時に無くウケそうな予感がした。

親友Sにも聴かせにいった。

「まあ、一般人にはウケそうな曲じゃね。いいんじゃない?」
と、期待通りの冷たいコメントをもらった。


ステージで数回演奏した後にSMAPの『世界にひとつだけの花』が
ヒットしつつあることを知った。

「なんか… そっくりじゃん」

LIVE終了後に、
「世に出したのは向こうが先かもしれないが、俺は聴いたことがなかった」
と言い訳をしたこともあった。
だが、それに対する反応は「そう言われたら、そうじゃね…」程度の
ものだった。

俺が気にしすぎなのか、聴く人は「真似だ」とまでは思っていなかったようだ。

考えてみれば、世の中には似たような曲が山ほど存在する。
「いちいち気にしていたら、曲なんか作れない」と、
俺を開き直らせてくれた曲でもある。

しかしながら、「誰かにそっくり」と言われるのが人一倍嫌いな俺。
完成させる前にSMAPを聴いていたなら、この曲はボツにしていた
かもしれない。


YABUのステージで歌い続けてきた曲だが、
おたみも気に入っており、おたぶでも時々演奏している。
だが二人でやる時は、小学生の発表会のようなアレンジを
もうちょっとなんとかしなくてはいけない。




花になれ/YABU
 
いつもまわりを気にしすぎる君は
早く立派な花になりたいとあせってる
その弱みに付け込まれて誘惑されそうになっても
自分の好きな匂いを忘れてはいけない

急いで一人前になることだけが 素敵なことじゃない
積み重ねた苦労は 大切な宝物にだってなるんだ

だから君は思うままの花を咲かせてほしい
華やかな名前や色彩なんていらないから
たとえそれが人目につかない小さな花だとしても
きっと僕がみつけだして 綺麗だと言ってあげよう


自分を貫いて生きるのは 簡単なことじゃない
誰もが理想に近づこうと 一生懸命背伸びをしている

だから君は思うままの花を咲かせてほしい
迷いながらつまずきながら高く空だけをみつめて
それでも自信をなくして倒れそうになったときは
僕の両手でそっと ささえてあげる

暑い日差しに負けない花になれ
風にも負けない花になれ
紛れもなくそこに咲いた 君だけの花になれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。