YABUへびぃ 2009年03月

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ふるさと 

おたぶのLIVEが決まった。
5月6日水曜日、連休最後の日。

去年の1月に続いて、
2回目のメリィハウス西風新都でのロビーコンサートだ。
おたぶの正式なLIVE自体、約1年振りとなる。

前回同様、14時から・15時からの30分2ステージ。

前回、おたぶなりに客層に合わせて選曲したつもりだったのだが、
1ステージ目が終わった後、「みんなで歌える歌があったらよかったね、『ふるさと』とか…」とスタッフに言われた。
楽譜がなければ演奏できないおたぶ…
ましてや『ふるさと』は想定外だった。
しかし、意地がある…
というより、スタッフに言われたように1曲ぐらいみんなで歌える歌があったほうがいいだろうということで、2ステージ目の選曲を考え直した。

唯一、たまたまいつか演奏しようと思っていた『椰子の実』の楽譜が見つかった。

練習などしていないに等しかったので、しどろもどろな演奏となって
しまった。

リベンジではないが、今回は童謡・唱歌を多めに取り入れようと思う。
もちろん、この曲も…




ふるさと/(唱歌)

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川
夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷

如何にいます父母 恙なしや友がき
雨に風につけても 思いいずる故郷

こころざしをはたして いつの日にか帰らん
山はあおき故郷 水は清き故郷
スポンサーサイト
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

甲子園 

昨日3月29日は、先週雨で順延になった草野球の試合だった。

ある町内のリーグに所属しているのだが、1部から3部まで分かれている。
月に一度各部でトーナメントを行い、2部3部の優勝チームはそれぞれ昇格、1部2部の敗者が降格…というシステムになっている。

我がチームは、かつて1部の常連だったこともあった。
しかしながら、去年は俺は参加していないのだが、シーズン最後の
試合でやっと1勝という有様だったらしい。

今年初戦、もちろん3部スタート。
5チーム中2チームが棄権で、3チームによる総当り戦となった。

1試合目 7-2で勝利。
ちなみに俺の成績は①見逃し三振 ②二ゴロエラー ③四球

2試合目 6-5で優勝。
俺の成績 ①四球 ②一ゴロ ③四球

チームは開幕で早くも昨シーズンを上回る成績。
俺も打率.000ながら、ランナーで走りまくった。
おかげで今日は両アキレス腱が痛い。

なにせ2年振りの野球。
バットにボールが当たって良かった。
いやいや、そうも言ってはいられない。
次回は二部、ピッチャーもそれなりにいいはず。

バッティングセンターに通いつめなければ…




甲子園/さだまさし

喫茶店のTVでは夏の甲子園
準決勝の熱気が店のクーラーと戦ってる
君は男は皆野球好きねと笑い
大観衆の声援聞くだけで私は暑さがつのるわ

負けた人は現在これを見ているのかしら
それともまた来年を夢みているかしらとソーダ水
多分君は知らない 「この次」なんて言葉に
期待しない男は案外多いって事をね

「ホームラン」と突然TVが叫ぶ
また誰かの夢がこわれる音がする
僕はふと君との来年を思う
故郷ゆきのチケット二枚握りしめたままで


青春のドラマですねと解説者
文字だけのニュース速報が海辺の事故を伝えている
君は女はいつも男が演じるドラマを
手に汗握りみつめるだけなんて割りに合わないわと溜息

3000幾つの参加チームの中で
たったの一度も負けないチームはひとつだけ
でも多分君は知ってる 敗れて消えたチームも
負けた回数はたったの一度だけだって事をね

「あと一人」と突然TVが叫ぶ
君は僕を見つめ涙をこぼしてる
背番号14の白いユニフォームが
彼の青春の最初で最後の打席に入ったところ





記事には毎回、曲を添えているが、今回どうしようか迷った。
適当な曲が見つからなかったからだ。

だがやはり、ここまでこだわって来たのだから、かなり強引でも続け
られるところまで続けてみようと思う。
というわけで、単なる野球つながりだけでこの曲を選んだ。

そういえば、今は選抜高校野球の真っ最中。
むかしは、どこが勝ったか一戦一戦気になっていたが、今はどこが
出場しているのかさえ知らない。

プロ野球にしてもそうだ。
もちろん広島に住みだして以来カープファンで、何年か前まではTV
中継も必ずといっていいほど観ていた。
しかしながら、去年は一度も球場に足を運ばなかっただけではなく、シーズン中カープが何位にいるのかさえ知らなかった。
選手の名前もろくに知らない有様だ。

今年からは新球場。
一度は行かなければ…いや、行きたい。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

つめたい風が吹き抜けた後で 

ご存知、俺はフローリング貼りの職人。
大抵は屋内で仕事をするのだが、1週間前から屋外のウッドデッキの仕事が入った。

ちょうど季節の変わり目で、暑かったり寒かったり。
室内なら然程気にならないのだが、やはり外は違う。
一昨日はシャツ1枚でも汗を掻くほど暖かかったが、昨日は上着を
着ていても寒かった。
防寒着が要りそうなくらいだ。

だが、さすがに防寒着を着ていてはずんぐりむっくりで動きにくい。
そう思い、かなりむかしに買ってほとんど着たことのない薄手の
ウインドブレイカーを引っ張り出してきた。

今日帰宅すると、

おたみ「やっぱりウインドブレイカー着とったら違う?」
俺「うん、違うよ。ウインドをブレイクするもんじゃけぇ…」

こんなベタな言葉でも、おたみは大笑いする。

平和だ。




つめたい風が吹き抜けた後で/あつとし(SYMPHONY)

つめたい風が吹き抜けた後で
明るい日差し 春がやってくるように
この夜が明けて 明日になったら
もう一度君と出会えたらいいね

 明日は遠ざかって行くばかり
 戻らないものはつかめやしない

嫌われるのはいやなんだ いっそもう会えないほうがいい
明日の事はわからないから だからさよなら言わなければ


何を言えばいいのか解らない
とりつくろいの言葉は知らないし
言い訳じみた決まり文句なら
だまってたほうが いいと思うから

 やりきれない想いなら今夜
 このままここに置き去りにして

つめたい風が吹き抜けた後は もう何も残らない方がいい
明日からの自分の為に 明日からの君の為に


 明日は遠ざかって行くばかり
 戻らないものはつかめやしない

嫌われるのはいやなんだ いっそもう会えないほうがいい
明日の事はわからないから だからさよなら言わなければ





『SYMPHONY』では、七割方俺がメインボーカルだったが、相棒も
曲を作っていた。
曲は作った本人が歌い、基本アレンジはもう一方が考えるというのが定着していた。
相棒の作る曲は、いつもコード進行をちょっと捻ったりブルージーな
ものだったりで、音楽理論に長けていない俺にとってはアレンジを
するのが一苦労もんだった。

相棒が名ギタリストだったので、俺も張り合おうとしていたのだろう。
かなり忙しいアレンジを考えた。
あの頃のリードギターを弾くには、猛練習が必要だ。
言い換えれば、二度と弾けない。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

雨の降る確率100% 

昨日(3月22日)は草野球の予定だった。
もう10年以上前からチームに入っているのだが、2年前の怪我以来参加していなかった。
そして今シーズン初戦。
金曜日にバッティングセンターにも行き準備万端…と言いたいところだが、何せ2年のブランク。
不安も多々あったのだが、楽しみにしていたことには違いない。
ところが、雨天のため順延。
ボ~ッと休日を過ごしてしまった。

気象の『雨』とは関係ないのだが、学生の時こんな曲を作った。
SYMPHONYの初オリジナル作品でもある。




雨の降る確率100%/YABU

真面目なMでさえも 陰口叩いてるのに
体裁なんて少しも感じようとしない

その日の気分と権威で 怒鳴り散らしている
あんたの八方睨みにいつでも脅えている

吠えっぱなしの哀れなMussoliniは
時代錯誤もいいところだぜ
不快指数の高い雨の日には
差し障りのないように雷雨注意報


ちょっと弱味を見せると すぐに食い付きやがる
したたか惨めな気分で息詰まる毎日

全て思い通りにならなきゃ気がすまない
この世は自分中心 事後承諾は通じない

吠えっぱなしの哀れなMussoliniは
時代錯誤もいいところだぜ
不快指数の高い雨の日には
差し障りのないように雷雨注意報


お天気屋とはあんたの為にある言葉さ
誰もが今夜あんたが寝静まるのを待ってる

吠えっぱなしの哀れなMussoliniは
時代錯誤もいいところだぜ
不快指数の高い雨の日には
差し障りのないように雷雨注意報





大学2年の冬、自動車教習所に通った。
小さい頃は車が大好きでミニカー等も集めていたが、その頃は音楽に夢中でまったく興味がなかった。
とは言うものの、「どうせそのうち要るものだし…」と思い免許をとった。
免許があれば、車が欲しくなるのは世の常…

生活費は親のすねをかじっていたが、さすがに車を持つとなると話は別。
もちろん軽四に乗ることなどこれっぽっちも考えていなかった。

短期ではちょくちょくバイトもしていたが、それを機会に長期バイトの決心をした。
講義に差し支えないで割りもいい早朝、野菜卸売市場へ。
とは思うだけで、講義にはどの道ほとんど出ていなかったのだが…

社長の息子・弟が専務、兄は平社員。
専務は毎日のように社員達をののしり、怒鳴り散らしていた。
仕事がよく出来怒られる事もほとんどなかった社員Mさんも、バイトの俺に向かって専務の悪口を言っていた。

当時は「みんなが可哀想」「独裁者だ」としか思わなかったが、今考えてみると、
バイトの俺達には注意することはあっても怒鳴ったりはしなかった。
あのくらいじゃないと人の上には立てないのかも…と思う。


話は反れるが、当時同じ寮の友人が魚市場へバイトに行っていた。
そいつの部屋へ入るとプ~ンと生臭い。

野菜市場にしておいて良かった。

白衣の天使 

今日は県北の○×産婦人科へ、フローリングの傷んだ箇所の貼り替え工事に行ってきた。
午前中はナースがうろうろしている中、ナースステーションで仕事。
午後からは休診となった診察室で仕事。

産婦人科しかも田舎ということもあってか、おばちゃんナースばっかりでちょっと残念…




白衣の天使/YABU

これからしばらくの間お世話になります
これも何かの縁 よろしくお願いします
世間では有名ですが初めてお目にかかります
あなたが噂に聞く白衣の天使ですね

いい女の匂いはオキシドールの匂い
清潔な白いコスチュームがとても魅力的

NURSE 元気になればさよならなんて
NURSE このまま夢を見ていたいのに


大嫌いな注射もがまんできる
不味い病院食もがまんできる
退屈なベッドの生活もがまんできる
あなたの愛があればがまんできる

粉薬の苦みが効き始めてきたところで
優しい悪魔にとりつかれて僕はまた病気

NURSE 漂白された部屋の中で
NURSE 僕の心の中も真っ白

NURSE 元気になればさよならなんて
NURSE このまま夢を見ていたいのに





もちろん、「コミカルタッチな曲で大衆ウケを狙おう」という意図以外の何物でもない。

よく「これは体験談?」と聞かれることがあったが、まるっきりの想像である。
幸か不幸か、入院すらしたことがない。
いやいや、そんなことを言ってはいけない。
健康がなによりである。

上司とか友人とか入院の見舞いには行った事があるが、誰もが口を揃えて「退屈だ」と言う。
それはそうだろう。

指を怪我して3ヶ月仕事を休んだ時も、毎日が退屈でしょうがなかった。


そういえば、こんなエピソードがある。

仕事が忙しくて平日は歯医者に行けないため、日曜日も開いている某ホテルの歯科に通った。
先生も助手もみんな、わりと若い女性ばかり…
ちょっと不安になった。

見た目で判断してはいけないが、やはりちょっと怖そうなおっさんの
ほうが安心する。

DESPERADO 

DESPERADO/EAGLES

Desperado, why don't you come to your senses
You've been out riding fences
For so long now
Oh, you're ahard one
And I know that you got your reasons
These things that are pleasing you
Can hurt you some how

Don't you drive the Queen of Diamonds boy
She'll beat you if she's able
Another Queen of Hearts is always your best bet
Now seems to me some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can get

Desperado, you ain't getting up young
You're painting you're hunger
They're driving you on
And freedom, oh freedom
Well, that's just some people talking
Your present is walking through this world all alone

Don't your feet get cold in the winter time
The sky won't show and the sun won't shine
It's hard to tell the night time from the day
You're losing all your highs and lows
And funny how the feeling goes

Desperado, why don't you come to your senses
Come down from your fences
Open the day, it may be raining
But there's a rainbow above you
You better let somebody love you
You better let somebody love you
Before it's too late





中学生の頃はけっこう洋楽も聴いていたが、高校に入りフォーク
ギターを弾き始めると同時にまったく聴かなくなった。
俺にとっての音楽はあくまで「いい歌詞」と「いいメロディ」から成り
立っている…という意固地な考えから、何を歌っているのかわからない洋楽を、聴く対象から外した。
もちろん日本語訳を読めば解決するのだが、映画でも字幕と吹替えでは微妙にニュアンスが違うことがあるように、「本当に作者が表現
したいことをストレートに訳しているかどうか…」 という疑問さえ持った。

高3になって、上着は短ラン・ズボンはドカン・頭はリーゼントと、
如何にも悪そうな奴と気が合った。
彼とは、後に一緒に大学受験・失敗して一緒に予備校へ…
という仲になる。

とある日、彼の家に遊びに行った。

「やぶさん、ギター弾くんならこういうの聴いたらええんじゃない?」
と、差し出したのがEAGLESのアルバム『DESPERADO』。

EaglesDesperado.jpg

頭ごなしに断るわけにもいかず、その場で耳を傾けてみた。

なんかアコースティックでいい感じ…

「彼がこんな音楽を?」という意外性からも興味を持ち、カセット
テープにダビングしてもらった。

それからというもの、洋楽にも耳を傾ける…というわけには
いかなかったが、EAGLESだけは聴くようになった。
しかしながら、最初に他のアルバムを聴いていたなら、EAGLESの
ファンになったかどうか…
それほどまでに、このアルバムは名曲揃いだ。
構成もいい。

この時バンジョーを買ったのは、もちろん長渕の影響もあるが、
このアルバムの影響もある。
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

粉雪 

雪の話題になったついでというわけではないが、以前から記事に
したかったのが、この曲。




粉雪/山木康世

粉雪サラサラ 土曜日の朝
ガラスに 氷の 白い模様

フッと息をかけ 指でなぞる
悲しい位に 静かな朝

白い雪の下 春を待ってる
虫達 花達 寒くないか

私もひとりで 春を待ってる
今年も ひとりの 冬

粉雪サラサラ 土曜日の朝
あなたの言葉を くり返した

冷たい涙が こぼれ落ちた
悲しい位に 静かな朝

赤いカゴの中 春を待ってる
歌を唄えない 冬カナリヤ

私もひとりで 春を待ってる
今年も ひとりの 冬





アルバム『泳いで行くにはあまりにも水の流れが速すぎる』に収録
されている。
泳いで行くにはあまりにも水の流れが速すぎる

このアルバムもBOROの『愛』と同様、むかし聴いたお気に入りの
アルバムのひとつ。
1982年に発売されたレコードだが、CDとして復刻版が出ており、
ネットオークションで手に入れることが出来た。

フォークグループ・ふきのとうの楽曲『春雷』『風来坊』『やさしさとして想い出として』など、ヒット曲のほとんどは彼の作品である。
海援隊にも『思えば遠くへ来たもんだ』他、たまに曲を提供している。

実はふきのとうにはそれほど興味がなく、ヒット曲ぐらいしか
知らないのだが、このアルバムは巨匠・石川鷹彦のアレンジという
こともあり衝動買いした。
俺にとっては、大当たり!

これはソロアルバム第2弾だったのだが、すぐさま第1弾も買った。

その後、相方の細坪基佳もソロアルバムを出した。
こちらもなかなか聴き応えがあった。

しかし、未だに『ふきのとう』のアルバムを聴きたいという意欲が
湧いてこないのはなぜ?
この1曲  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

春なのに 

今朝、いつも通りに起き出勤の支度をしていると、
おたみが「雪よ!!」と叫んだ。

いつも時間ぎりぎりに起きる俺は、少し焦った。

幸いにも降り始めたばかり、しかも霙混じりということもあり、通常通り会社に到着することが出来た。
それにしても、すぐ止むだろうと思っていた雪は本格的に降り始め、家々の屋根を白く覆った。

愛車のタイヤをいつノーマルに戻そうか悩んでいた矢先…

会社の俺がいつも乗っているワゴン車も、先日左後輪が修理不能のパンクとなったため、後輪はノーマルタイヤを履いている。

どの道、スタッドレスが役に立つほどは降らなかったが、
春が遠退いた気がした。

それとはまったく関係ないが、卒業シーズンということもあり、
こんな曲を載せてみた。




春なのに/柏原芳恵

卒業だけが 理由でしょうか
会えなくなるねと 右手を出して
さみしくなるよ それだけですか
むこうで友だち 呼んでますね
流れる季節たちを 微笑で
送りたいけれど

春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに 
ため息 またひとつ


卒業しても 白い喫茶店
今までどおりに 会えますねと
君の話はなんだったのと
きかれるまでは 言う気でした
記念にください ボタンをひとつ
青い空に 捨てます

春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに 
ため息 またひとつ


春なのに



中学生の時、「中島みゆきのオールナイトニッポン」は欠かさず
聴いていた。
その一環で、中島みゆきの誕生日に他のラジオ番組から音源が
送られてきた。
世良公則ともう1人(けっこう有名な人だが、覚えていない)が、
ギター1本でハモをいれて『春なのに』を生録りしたものだ。

カッコよかった。
それまで世良公則&ツイストには興味なかったが、聴くきっかけに
なったことは間違いない。

『春なのに』の曲自体もそれほどいいとは思っていなかったが、歌う
人が変われば変わるものだ。

あえて柏原芳恵を出したのは、
まだ中島みゆきのそれを聴いたことがないからである。

日記  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。