YABUへびぃ 2010年02月

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【決断の時】 

我が愛車ジェミニが、3月いっぱいで車検切れとなる。

もちろん、数週間前までは車検を通すつもりだったが、迷いが生じ始めた。

発端は、ヤフオクで同じJT-191S型の極上車が出品されていたこと。

タイプC(ラリー優勝記念モデルとして50台限定生産されたもの)、車検1年半付き、走行4万7千キロ、ワンオーナー、フルノーマル、即決落札価格108万円という最初で最後の超お買得車だった。

出品者の中古車屋をお気に入り登録し、毎日チェック。
日曜日には横浜まで見に行くつもりだった。

もう買い換える気満々だ。

だが残念ながら、お目当てのジェミニはその日を待たずして、ヤフオクのウォッチリストから消えていた。

ホームページをチェックしてみると、案の定店頭での売約済みになっていた。

かなりショックだった。


中古車5台目にして初めて『ハズレ』をつかまされた今の愛車、今回も車検を通すには修理費込みで20万円は下らないだろう。
元々「調子がいい」とは言えないうえ、ディーラーにも消耗部品はそれほど残っていないのもまた事実。
何時かは手放さなければならない日がやって来るだろう。

そんなところへ、慰謝料の払いに見通しがついたこともあり、
「新車買ったら?欲しい車があるなら…」
と、おたみが持ち掛けてきた。

調子がよくないことを除けば、15年以上前から憧れていた車を4年前やっと手に出来たのだ。
他に欲しい車などあるはずがない。

しかしながら買い換えを余儀なくされるなら、一時心を揺るがされたランサーエボリューション

ランエボ

これしか考えられない。

400万円ほどするが、今のジェミニをその都度修理しながら乗っても、どちらが経済的か答えは出ない。
「買えるのは今のうちよっ!私もあと何年働けるか…」と、更に脅しをかけられた。

「命に関わることじゃけぇね…」

大袈裟に聞こえるかもしれないが、のんびり走行中の車が故障するのと、俺のように常に高速走行の車が突然止まるのとでは、危険度も違う。

付け加えるなら、新車なら少なくとも半年ぐらいは小石を跳ね上げないようにおとなしく運転することが予想される。
事故る不安も僅かながら解消されるわけだ。

未だかつて味わったことのない新車という魅力も捨てがたい。

一方、十数年に渡り3台を乗り継いできたジェミニを手放すのも勇気のいることだ。

信号待ちで並んだ車にジロジロ見られる優越感や、「珍しい車に乗っとるね~」と言われる快感をもう味わうことは出来ない。


決断の時が迫る…
スポンサーサイト
こだわり  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【メタボ】 

おたみ 「今まで女性のメタボの基準はウエスト90以上じゃったけ~ぎりぎりセーフじゃったのに、80以上が認定されたんよ~っ。私、メタボじゃわ~」
YABU 「……。」
おたみ 「めたぼたみたみめたぼ、どっちがええ?(笑)」
YABU 「…。(苦笑)」
おたみ 「めたぼたみのほうが、ぼたもちみたいでかわいいね~」

YABU「おたぼがええんじゃない?(笑)」
 おたみ 「(爆笑)…。おたぶ、やめておたぼにしようか…。」
YABU 「…。」
おたみ 「でも、やぶがどこにも入っとらんわ。(笑)」
YABU 「…。」
おたみ 「あっ、入っとった! が一緒じゃわ。(爆笑)」

日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

【赤猫】 

再三記事にも登場させている三次の卑弥呼『蔵』だが、つい先日『お宝屋カフェ』改め『赤猫』としてリニューアルオープンした。

住居部のフローリング貼りも、年末から年始の引越しに何とか間に合わせた。
唯一、四畳半ほどの部屋がひとつだけ残っていたので、最後の仕事を片付けるために三次に行った。


早速、新しい住居に上がらせてもらった。
やはり、自分の足跡を眺めるのはいいものだ。

フローリング完成

まったく構造の異なるフローリングを見切り無しに繋げてみたり、数量が足らない処は同種のフローリングでも色を変えてみたり、なかなか普段はやらない楽しい仕事をさせてもらった。


さて、今日の仕事…

他の部屋はみんな仕上がっているため作業場は外。
小雨の降る中、マスターのヒロさんに簡易テントを張ってもらうのを手伝ったりとか少々やりにくかったが、本業のほうは1時間ほどで終わった。


例の如くご馳走でもてなしてもらい、夜遅くならないうちに帰ることにした。

ヒロさん「じゃあ、また宜しく…」
俺   「えっ、また? これで終わりって言いませんでした?」
ヒロさん「いえ、まだ民宿のほうが…」

以前から聞いていた話だが、今すぐではないにしろ民宿を始めたいらしい。

ヒロさん「半年後ぐらいに…」

俺は笑ってごまかした。

いや、ごまかしたわけではない。
出来るなら1週間ほど会社を休んで、こちらに専念したいぐらいだ。

日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。