YABUへびぃ 2011年07月

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【J's BAR SUMMER LIVE PARTY 2011】 

昨日行われたLIVEの模様です。
前記事に「THE ENKAI」と紹介しましたが、本タイトルのように数年前から変わってました。
天城越え~MajiでKoiする5秒前



ケータイの方はコチラ

広島では初公開となった「天城越え」ですが、修大フォーク部大先輩の方々や音楽仲間から数々の賞賛を受けました。
もちろん、ご覧のようにちゃんと演奏できたわけではありません。

エンディングに於いては、メジャーコードを弾くという、おたみの不可思議な行動…

演奏後ある方に、
「あれは意図的にやったんか?」と言われ、「ほうよ!(笑)」と答えておりました。

夕方5時頃から日付が変わるまで長丁場ではありましたが、久々にお会い出来たり演奏を聴けた仲間もたくさんいて、充実のひと時となりました。

スポンサーサイト

【THE ENKAI】 

おたぶ、LIVEステージのお知らせです。

7月17日(日)17:00~
広島市中区流川町 5-3 白馬ビル 2F
クラブクリームにて
(TEL 082-241-3838)

J's BAR主催 THE ENKAI
¥3,000(2ドリンク付き)

出演者多数(各グループ3曲)

おたぶの出演は18時頃の予定。

何分アバウトなLIVEですので、情報はこれだけです。
お知らせ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【ひまわりの帽子】 

先日の姫路でのLIVE写真を、ある方から頂いた。

img009_convert_20110705214518.jpg

img010_convert_20110705214618.jpg

img011_convert_20110705214645.jpg

img012_convert_20110705214708.jpg


おまけ photo by ちずさん

おたぶの後ろ姿
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

親父の一番長い日 

親父の一番長い日/さだまさし

おばあちゃんは 夕餉の片付けを終えた時
弟は二階のゆりかごの中で
僕と親父は 街頭テレビのカラテ・チョップが
白熱した頃に
妹の誕生を知った
それから親父は 占いの本と辞書と
首っぴきで 実に一週間もかけて
娘のために つまりはきわめて何事もない
ありふれた名前を見つけ出した
お七夜 宮参り 夫婦は自画自賛
可愛いい娘だと はしゃぎ廻るけれど
僕にはひいき目に見ても しわくちゃの失敗作品
やがて彼女を訪れる 不幸に胸を痛めた
兄貴として

妹の生まれた頃の我が家は お世辞にも豊かな
状態でなかったが
暗闇の中で何かをきっかけに 灯が見えることがある
そんな出来事だったろう
親思う心に勝る親心とやら そんな訳で妹は
ほんのかけらも
みじめな思いをせずに育てられた
ただ顔が親父に似たことを除けば
七五三 新入学 夫婦は狂気乱舞
赤いランドセル背負ってか背負われてか
学校への坂道を 足元ふらふら下りてゆく
一枚のスナップが 今も胸に残ってる
兄貴として

我が家の血筋か妹も 足だけは早くて
学級対抗リレーの花形で
もっとも親父の応援のすごさに 相手が気おくれをして
随分助けられてはいたが
これも我が家の血筋か かなりの演技派で
学芸会でも ちゃんと役をもらった
親父の喜びは言うまでもない たとえその役が
一寸法師の赤鬼の役であったにしても
妹 才気煥発 夫婦は無我夢中
反抗期を過ぎて お赤飯を炊いて
中学に入れば多少 女らしくなるかも知れぬと
家族の淡い期待あっさり 裏切られてがっかり
兄貴として

妹の初恋は高校二年の秋
相手のバレー部のキャプテンは よくあるケース
結局言い出せる筈もなく 枯葉の如く散った
これもまたよくあるパターン
彼氏のひとりもいないとは情けないと
親父はいつも 笑い飛ばしてはいたが
時折かかる電話を 一番気にしていたのは
当の親父自身だったろう
危険な年頃と 夫婦は疑心暗鬼
些細な妹の言葉に揺れていた
今は我が家の一番幸せなひととき
も少しこのままいさせてと 祈っていたのでしょう
親子として


或る日ひとりの若者が 我が家に来て
“お嬢さんを僕に下さい”と言った
親父は言葉を失い 頬染めうつむいた
いつの間にきれいになった
娘を見つめた
いくつもの思い出が親父の中をよぎり
だからつい あんな大声を出させた
初めて見る親父の狼狽 妹の大粒の涙
家中の時が止まった
とりなすお袋に とりつく島も与えず
声を震わせて 親父はかぶりを振った
けれど妹の真実を見た時
目を閉じ深く息をして 小さな声で…
“わかった娘はくれてやる
そのかわり一度でいいうばって行く君を
君を殴らせろ”と言った
親父として

妹の選んだ男に間違いはないと
信じていたのもやはり親父だった
花嫁の父は静かに 娘の手をとり
祭壇の前にゆるやかに立った
ウェディング・ベルが 避暑地の教会に鳴り渡る時
僕は親父を見ていた
まぎれもない父親の 涙の行方を
僕は一生忘れないだろう
思い出かかえてお袋が続く
涙でかすんだ目の中に僕は
今までで一番きれいな妹と
一番立派な親父の姿を
刻み込もうとしていた
兄貴として
息子として





この曲がリリースされたのは、俺が中学生の時。
今でこそ、あまり聴かなくなったが、当時はさだまさしが一番。

12分という長いこの楽曲は、当時のレコードEP版ではなく、LPサイズのシングルレコードとして売り出された。

少々話はさかのぼるが、
この新曲の発売数日前の深夜、
いつものように勉強するふりをしてラジオを聴いていた。
さだまさしの番組だ。

新曲発売直前にラジオで流すのは、この頃の定番。
もちろん、「親父の一番長い日」も例外ではない。
すかさず、カセットテープに録音。

その夜、再生・一時停止・再生・一時停止と何度も繰り返し、長~い歌詞を書き出した。
そして、さすが中学生…
一晩で全部覚えた。



ややコミカルタッチな描写で後半に感動を持ってくる…さだまさしお得意のパターンだ。
俺は、歌を聴いて涙することはあまりないのだが、この曲を聴くと今でも時々目頭が熱くなる。

突然思い立ったように記事にしたのは、弾き語ってみたくなったからだ。

歌ってみた。

この曲に限らず、この頃の曲はほぼアンプで歌えるから不思議だ。

この1曲  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。