YABUへびぃ Thousands Nights

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Thousands Nights 

連盟では、毎年アコースティック・パーティーが開催される。
各大学フォーク部の、アコギ連中が集まって行うコンサートだ。
3年の夏、ちょうど七夕の時期となった。

ステージマネージャーには、親友・Sが立候補した。

コンサートのサブタイトルにはみんなが意見を持ち寄ったが、俺の
考えた『Thousands Nights』に決定した。
そして我がPantomimeは、トリを務めさせてもらうことになった。

強引ではあったが、俺はコンサートのサブタイトルと同じタイトルの
曲を作った。




Thousands Nights/YABU

重すぎる悲しみを背に またひとつ落ちてゆく
ひと際明るく輝く星が お伽話になったよ

願いごと叶えと 流れ星を探した
君の最後の浴衣姿 僕の心の中で消えてく

すべて忘れたい夢の中へ 逃げられやしないよ
君はたぶん幸せな顔で 深い眠りについてる

Thousands Nights こんな夜には
君の影離せずにいるけど
君はきっと別の夢見てるような気がする
Thousands Nights


同じ星空を見つめながら 幾千の夜を向かえる
星の数だけ愛があっても 僕はひとりぼっちさ

Thousands Nights こんな夜には
君の影離せずにいるけど
君はきっと別の夢見てるような気がする
Thousands Nights





この曲には原詩がある。

確か中学の時だったと思うが、クラスで詩集を作成することになった。
その時に考えた詩だ。

  流星

またひとつ星が落ちてゆく
重い悲しみに耐えられなかった…



人によってはダラダラと長文になったり、簡潔にまとめたものもあったが、さすがに2行だけの詩は他に居なかった。

ごっそりと空いたスペースに、丘の上で流れ星を見上げるキツネの
親子を描いた。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://otabu.blog61.fc2.com/tb.php/111-e6a99f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。