YABUへびぃ シンデレラの肖像

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

シンデレラの肖像 

今となっては書き記すのが少々恥ずかしいのだが、大学生の頃
一世を風靡した曲がある。
1年生の後半に作った「シンデレラの肖像」。

広島修道大に入学するや否や、フォークソング部(当時同好会)に入部した。
「定期演奏会は、1人では難しい」
と先輩に言われ、バンド希望の新入生が大半の中、ギター初心者のMと迷わずデュオを組んだ。

それともうひとつ、全曲オリジナルでなければ出演出来ないため、俺は入部して数ヶ月でオリジナルを作り始めた。

1年生の夏、広島の各大学・短大のフォーク部が所属する広島学生フォーク連盟の合宿に参加した。
俺は、同じ班になった某女子大のY恵ちゃんに一目惚れしたが、
ご存知の通り無口でシャイな性格のため、ほとんど話せず仕舞いだった。

その娘はバンドのボーカルで、中村あゆみの「シンデレラ・リバティ」をコピーしたのが印象的だった。
もちろん、個人的にも好きな曲である。

そして冬、修大構内で行われる1年生フレッシュ・コンサートの直前に名曲が生まれた。
モデルはもちろん、そのY恵ちゃん。

アコギの練習場は階段の踊り場、言わば部室の外だったので、文化局サークルボックスの建物中に響きわたった。
メロディも歌詞も単純で覚えやすいこともあり、瞬く間に文化局全体に広まった。

もし、当時のボーカルが俺であったならば、この曲は生まれなかったかもしれない。
相棒が初心者であったため、俺はボーカルを諦めリードGに専念していた。
爽やか系のMが歌うことを前提に作った曲でもある。


2月の連盟フレッシュコンサート、俺達もY恵ちゃんのバンドも選考された。
俺はウケ狙いで、「シンデレラの肖像」の間奏に「シンデレラ・リバティ」のフレーズを取り入れた。
偶然にもコード進行がほとんど一緒だったのである。

連盟にも、名曲としてかなり広まった。

おかげで…かどうかは分からないが、急速に仲良しになり、
ライブハウスでの対バンもした。

ただ「彼氏がいる」と噂で聞き、
恋は儚く終わった。




シンデレラの肖像/YABU

突然君は歩き方まで変えて
近頃話題の なんとかガールみたいな格好をし始めた
僕が「似合わない」と批判すれば
「今はこれが流行りなの」と言い訳をする

どうしてそんなに自分を変えたがるの
素顔のままで充分可愛いのに
笑顔を浮かべて綺麗になったふりをしても
それは君の偽者でしかないのに

素直になれないシンデレラ それでもやっぱりシンデレラ
ガラスの靴よりも白いスニーカーがよく似合ってる
素直になれないシンデレラ それでもやっぱりシンデレラ
君は君でいてくれたならいい


時の流れというドレスに
憧れて捜し求めるのは仕方のないことだけど
着慣れた服を脱ぎ捨ててしまったら
君がこの世から姿を消してしまう

素直になれないシンデレラ それでもやっぱりシンデレラ
ガラスの靴よりも白いスニーカーがよく似合ってる
素直になれないシンデレラ それでもやっぱりシンデレラ
君は君でいてくれたならいい

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://otabu.blog61.fc2.com/tb.php/14-b0f71877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。