YABUへびぃ 【結果】

オリジナル曲作成・カヴァー曲選曲・心に残っている名曲にまつわる裏話、或いは日々の生活をのんびり暴露していきます。

YABUへびぃ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【結果】 

昨日、広島ミュージックジャンボリー2011・イメージソングの選考結果が発表された。
応募10曲。

おたぶの楽曲、『たとえ小さなちからでも』
実はかなり自信があったのだが、選ばれたのはそれではなかった。


選考の条件
 ・HMJの主旨が反映されている事
 ・皆で演奏して歌いやすいこと
 ・シンプルで楽しくなる事

新曲が出来た瞬間は、『この選考基準すべてにピッタリ当てはまる、完璧だ!』と思ったのだが、選ばれたその曲を聴いてみると、選考基準のほとんどに於いて「おたぶを上回る」と納得した。

セオリー通りの曲を作るのは難しい。
やりすぎると、個性を失ってしまう。

実は、この「たとえ小さなちからでも」も最初、8ビートにするか16ビートにするか少々迷った。
そして、はるひさんの原詩も、HMJ本来の趣旨に副うものではなく、東日本大震災に対する想いを綴ったものだ。

「悔しくない」といえば嘘になるが、前々からこの手の軽快なオリジナル曲が欲しいと思っていたおたぶにとって、恰好の新曲だ。

仕上がりについては、充分満足している。

スポンサーサイト
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://otabu.blog61.fc2.com/tb.php/187-3a58ad9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。